« 2006年8月 | Main | 2010年5月 »

2007年2月17日

夫に捨てられた、と感じたら

 今日の話題は「夫に捨てられた」と感じた奥さんの話です。舞台は南米のパラグアイ。

 今週の水曜日(14日)は、バレンタインデーでした。その日、専業主婦のマリア・エステラ・リマさんがラジオの番組に登場し、夫が10メートルもの長さの蛇に飲み込まれてしまった、という悲劇を語りました。後に蛇は地元の男性2人によって殺され、死んだ夫の遺体も回収されたそうです。

 ロイターの記事によるとマリアさんは3人の子供を育てており、マリアさんがラジオを通して視聴者に援助を求めたことも影響したのか、この話題はさっそく新聞などのメディアでも取り上げられ、全国に広がりました。

 ところが。

 2日後には、夫が蛇に食べられた、という話がすべてでっち上げであることが判明しました。地元の検事が事件について調べたところ、マリアさんの夫は至って健康で、農場で働いている姿が目撃されたとのこと。

 しかしまた、なぜそんな嘘を?

 マリアさんが検事に語ったところによると、「夫に捨てられたと感じたから」というのが理由のようです。記事にはそれ以上のことは書かれていないのですが、自分の相手をしてくれないことに腹を立てて、死んだことにしてまおう、という考えだったのでしょうか。ついでに視聴者から生活支援をだまし取ろうという魂胆もあったのでしょうが……。

 渋谷バラバラ殺人事件とはまた、別の意味で怖いものがあります。既婚男性のみなさんは、奥さんのケアを怠らないようにしましょう。

2007年2月15日

妻の車を壊したら

 すっかり久しぶりの更新になってしまいました。何とも気まぐれに復活したり、更新が途絶えたりするalpha-random talk です。

 今日の話題はアメリカのカリフォルニア州から。

 ある男性(35)が週末に車で出かけたところ、いきなり誘拐されそうになりました。APの記事によると、男性は銃を突きつけられ、2人の誘拐犯にサンタ・ローザというところへ運転するよう指示されたのですが、わざと車を事故らせて、どさくさにまぎれて逃げることができたのでした。

 しかし後に、警察の事情聴取でこの話が男性のでっち上げであることがわかりました。なぜそんな話をでっち上げたのでしょうか?

 実はこの男性、妻の車を事故で壊してしまい、奥さんに怒られるのが怖くて嘘をついたのだとか。

 警察は男性を起訴することも検討しているそうです。身から出た錆とはまさにこのこと。

 残念ながらこのAPの記事には、男性の妻の反応については書かれていません。それにしても、男性が誘拐事件をでっちあげてしまうほどに恐れた奥さんというのは、いったいどんな人だったのでしょうか? 気になります。