« 2001年12月 | Main | 2002年10月 »

2002年09月25日

お金貸します(年率45600%で)

 昔はサラ金という言葉があったのに、最近はまったく聞かなくなってしまいましたね。子供の頃は「サラ金地獄」という表現もニュースに出てきたような気がします。それでドツボにはまって殺人したり、って事件がいろいろあって……。

 そんなドツボにはまった人をカモにしていた東京都目黒区の貸金業者が逮捕されました。7人の会社員らに法定金利の77倍から6803倍の利率で金を貸したのです。朝日新聞の記事によると、ある男性は25日間で5000円を19万円にして返済したらしい。これ、計算すると1ヶ月で約38倍、単純計算して年間で456倍にして返すことになります。

 しかしこの朝日新聞の記事、つっこみが足りません。借りた人がその利率を承知で借りたのか、借りてしまってから脅されてそうなってしまったのか、是非とも知りたいところです。本当に行き詰まると、たかだか5000円ばかりのお金を1ヶ月で38倍にして返す覚悟で借りてしまうものでしょうか?

 ちなみにこの業者が違法に貸したお金は1月から8月までで76万円。支払わせた利息は153万円なのだとか。利率が大きくても、最初に貸したお金が少なくてはあまり儲からないってことですな。

 よくよく考えると、ほぼゼロのような金利で資金を調達しておきながら、融資するときには何%もの利率をかける金融機関の方がずっと罪が深いような気が……。

2002年09月19日

男性専用車両も作って欲しい

 久しぶりに痴漢の話題。要するに、刑事裁判で無罪となった痴漢の容疑者が、民事裁判で負けてしまった、という内容です。関係ないけど、OJシンプソンも「刑事裁判で無罪、民事で有罪」のパターンでしたな。

 んでこの人の場合、「女性が緊張していて刑事裁判ではちゃんと証言できなかった」と言う理由で刑事裁判の判決が民事で覆った。そのほかにも理由はあったみたいで、裁判官は「アルバイトが非番の日に普段より早起きして(混雑時に)乗車したり、途中駅で席を立って車両を乗り換えたりした合理的理由がない」と述べたらしい。

 ちょっとまてよ。

 だって、アルバイトが非番だったら早起きしちゃいけないのかな? ちょっと気分転換に電車に乗ってみた、ってことだってあり得るような気がするのだけど。

 んで、女性の方はこの痴漢事件の前後1年間で5人の痴漢男性をひっつかまえて示談金を徴収しているらしい。そりゃあんた、よほどセクシーにしても痴漢に遭遇する確率が高すぎるのでは? ちょっと、きわどいですね、この裁判。

 別にこの男が無罪、とも言い切れないのですが、やっぱりなんというかこう、最近の痴漢騒動は魔女狩りに近いものがあるような気がして、それはそれで恐いんですね。ちょっとした偶然で痴漢扱いされたらたまらないというか……。

 僕は女性専用車両を導入する鉄道会社が出てきた話を聞いて「そんなの逆差別やんけ!」とか思っていたけど、こういうことが起きると、「痴漢と間違われないためにも男性専用車両を作るべきだ!」とか思う。だって、満員電車って誤解を生みやすい状況だもん。

2002年09月15日

日本ハムの製品は食べちゃ行けないの?

 日本ハムの子会社での牛肉偽装問題、みなさんはどう思いますか?

 僕は個人的に、こんな風に思うわけです。「そりゃーあんた、嘘ついて農水省から金をだまし取ろうとしたのは悪い。けど、悪いことをせよ、と言わんばかりの環境は整っていた」と。いうまでもなく、農水省が農水関連の族議員におされてめちゃくちゃな制度を設けたのがそもそものあやまりなのであって、農水大臣が日本ハムの処分の内容に文句をつけるなどというのは、なんだか納得のいかない話です。

 それと、今回の問題があってからスーパー各社が日本ハムの製品を店頭から撤去してしまいました。「悪い子とした会社の製品はおいておけん!」というノリですが、これもどうかなー、と思います。安全性に問題があるわけでもないし、そんなことをして追いつめればますます悪いことをやりかねないような気がするわけです。

 で、処分などの対応が一通り済みそうな段階で日本ハム製品の販売を早めに再開したスーパーでは、客からものすごい苦情がきたりするらしいのです。思うに、その正義を語る消費者もなんだかなー、って納得がいかない。みんなで便乗して正義を振り回すところが、なんか、ああ、殺気だっていていやだなぁ、みたいな。こんなご時世、「ちょっとでもずっこけた奴は再起不能なぐらいに叩きのめしてやる!」という雰囲気にげんなりしちゃいますね。

 世の中にはもっともっともっと、戦うべき悪があるような気がするんです。

 復帰早々、お堅い話になってしまいました。