Recently in ミステリー・サスペンス Category

ペリカン文書(1993)

|

 ジョン・グリシャム原作の小説を映画化した作品。リーガル・サスペンスと呼ばれるらしい。先に小説を読んでしまうと、やはりいろんな場面がカットされているのが残念だなぁ、と感じてしまうのは僕だけでしょうか。映画は映画なりの楽しみ方をすればいい、と言われればそれまでなのではあるけども……。

 なにしろデンゼル・ワシントンが記者のグレイ・グランサムを演じているのが、小説のイメージとあまりにもかけ離れていて困りました。話の複雑さも、映画であるが故につまらなく単純なものになってしまっている。そもそも映画化が難しかったということなのかもしれない。

 すべてが駆け足で進むような感じで残念であった。

 歴史学者で冒険家のベン・ゲイツという主人公が、独立宣言前の米国の偉人が残したというお宝を探すお話。謎に次ぐ謎に引き込まれた。かなり良くできたミステリーだと思う。

060803_nationaltreasure_mai.jpg 適度にアクションも織り交ぜられていて、頭ばかりを使うという展開でもない。それでありながら、歴史の勉強にもなる。けっこういいのではないでしょうか。


 個人的には主人公の父親を演じたジョン・ボイトという老役者がいい味を出していたと思う。自らの挫折の経験も含めて、息子のやることに反対していたのが少しずつ協力的に……という流れはありがちだけど、上手な演技で不自然になるのを防いでいる。

 たった1つ問題があったとすれば、テレビ朝日(だったと思う)で放送していたのをGコードで録画したのに、途中で終わってしまったこと。特にスポーツ中継の延長とかはなかったはずだけどな……。なので最後の20分ぐらいを見るために、改めてDVDをレンタルしてしまいました。悔しい。

About this Archive

This page is a archive of recent entries in the ミステリー・サスペンス category.

ホラー is the previous category.

ラブコメディー is the next category.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

ミステリー・サスペンス: Monthly Archives

Powered by Movable Type 4.01