ナイトミュージアム2(2009)

|

 前作は売れない発明家が主人公だったが、今回は同じ人物がヒット商品で大もうけしている、という状態からお話が始まる。夜の間だけ博物館に展示されている人形に生命を与える魔法の板が、前作のニューヨークからワシントンDCにあるスミソニアン博物館に持っていかれてしまった……という物語。前作を観ていないと、話に入っていくのが若干難しいかな。

 それにしても楽しい。

 博物館の人形が動き出すという設定が、こんなに笑えるものだとは思ってもみなかった。前作に続いて、いろんなキャラクター(NYの博物館から移転された物も含めて)が登場して大暴れします。そのハチャメチャぶりが前作よりもエスカレートしていることもあって、続編なのに新鮮さが盛りだくさん笑えます。

 主役を演じるのはやはりベン・スティラー。今回は助演でエイミー・アダムスがスミソニアンにあるアメリア・イヤハートとして出てきます。「魔法にかけられて」でもそうなんだけど、どうやらこの女優はさわやか系な人物が似合うようですね。ちなみに「フレンズ」にも登場するハンク・アザリアがちょっと間の抜けた悪役で、これもそこそこにいけます。

 肩の力を抜いて観ましょう!
 

About this Entry

This page contains a single entry by Kat Hara published on 2010年5月17日 01:38.

魔法にかけられて(2007) was the previous entry in this blog.

幸せのちから(2006) is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01