バス男(2004)

|

 こんなに邦題で台無しにされている映画も珍しい……。原題は主人公の名前をそのままタイトルにしていて、"Napoleon Dynamite" である。それで良かったのに、と思っているのは僕だけではないだろう。

 舞台は米国のアイダホ州。ナポレオン・ダイナマイトという、ひたすらイケテない少年の日々を綴っている。鬱屈した状態が延々と続くのだが、「そろそろ何かが起きるのではないか」という期待を持ってみてしまった。

 それが裏切られたような、裏切られていないような……。それ以上はネタバレになるので書かないが、まあしかし、こんなにダルい描写を延々と続ける映画は珍しい。前衛的であるともいえる。

 アイダホ州の人々がこの映画をどう受けているのか、気になるところ。

 それにしても本当に、不思議な雰囲気の映画です。

About this Entry

This page contains a single entry by Kat Hara published on 2008年4月20日 23:50.

星の王子ニューヨークへ行く(1988) was the previous entry in this blog.

プラダを着た悪魔(2006) is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01