2008年1月 Archives

 これまでルパン三世の映画はいくつか見てきたけど、この作品はやや絵柄が違うと感じたのは僕だけだろうか。もともとアニメのルパン三世は漫画の原作に比べると絵のタッチが柔らかくなっているのだけど、この作品の絵柄は一段と原作離れを起こしているような気がする。見慣れていないだけかもしれないけど。

51NC8SFZ6RL.jpg  今回、ルパンたちが狙うのはズフ王国共和国の財宝。この財宝は超高性能コンピューターが操る無数の罠に守られている。ちなみにこの共和国は「首狩り将軍」と呼ばれる軍人が政権を握り、過去に国のトップであった王家はこの首狩り将軍に抹殺されていた。ここにルパンたちがからんで……。という展開。


 この作品は初めて漫画原作者のモンキー・パンチが監督したものらしいのだが、他の作品に比べると、ちょっとユーモアが足りないかなぁ、というのが気になったところ。ストーリー展開は良くできているとは思うけど、いかんせん笑いが足りない。

 あと、ルパン、次元、五右衛門の三人の見せ場が少ないところもやや不満かな。いつもはルパンと微妙な距離を保つ峰不二子もこの作品ではかなり予定調和的にルパンに協力している。この辺りは好みの問題に過ぎないのかもしれないけど。

 それでいて、最後に「あれ?」と思わせるエンディング。視聴者を裏切る展開を仕組んだ辺りは「さすがだなぁ」と思うのだけど、話の本質からするとあまり重要なことではなかったような気がしなくもない。

 そうそう。見せ場が少ないと言えば、銭形さんの出番が少なかったなぁ。ルパンのファンとしてはこの辺もいまいちだった。しかしアマゾンでの評価を見てみると、みんなかなり高い点数をつけているなぁ。うーむ。

 「ロッキー」シリーズの第6作にして最終作。ていうか、さすがに5作目が最後だと思っていたんだけど……。ついに作ってしまいましたか、という感じです。しかしこの類いのシリーズ物はもう、見ないわけにはいかないんだよなぁ。きっといつか、見てしまう。そういう作品です。

rocky_about_img03.jpg 50歳代に突入したロッキーはレストランの経営者。奥さんのエイドリアンは既に死んでしまっている。息子は常に偉大なロッキーの影に隠れてしまうのが嫌だという理由でロッキーを避ける。という設定で話は始まる。


 以下、ネタバレあり。

 一言で言ってしまえば、ロッキーがいきなり現役復帰して、ヘビー級チャンピオンと戦ってしまう、という展開。それ自体にはケチをつけてもしょうがないかなぁ、というのが本音です。流れがすごく強引なんだけど、そうでもしないとこの作品を作る意味もないだろうし……。

 ロッキーはなにしろ第2作からずっと、怪我やパンチのダメージと戦って生きているわけで。だって、第5作ではそれが理由で現役復帰を固辞し続けたんでしょうに。それが身体検査ではなんの問題もない、なんてのはおかしいでしょう。見る人は、その辺を自分のなかで上手く処理した方がいいかもしれない。

 ファイトシーンはそこそこかな。

 それにしても、対話のシーンがくどい。お説教臭い演説のような会話がいただけない。ロッキーが息子を諭す場面もしかり、ロッキーとマリーの会話にもそういう場面がいくつかあり。やはりロッキーの第1作と第2作が秀作だったのは、台詞抜きで心に響くテーマを伝えていたからなんだなぁ、と改めて感じたりもした。

 ちなみにこの作品、原題は「Rocky Balboa」なんですね。ということは、最終作ではない可能性も? 仮に新作が作られたら、多分、どんなに駄作だと分かっていても僕は見てしまうことでしょう。

 12月29日(だと思う)にDVDをレンタルして観賞しました。

 ハリー・ポッターのシリーズ第5弾。ダニエル・ラドクリフもだいぶ成長しましたな。4作目の最後ではやっと悪役のヴォルデモートが登場するわけですが、今回の作品はヴォルデモートとの対決がもう少しだけ進んだ。このシリーズもここまで来たら全部見ないとなー、という状態になってしまった。


505547-copy2.jpg

 この作品では魔法省のお役所体質が1つのポイントとして描かれている。これがハリーやダンブルドアの邪魔をするわけですな。その象徴として、アンブリッジという嫌味ったらしいおばさんが登場するのだが、この女優がいい味を出している。みていて本当にむかつく。こういう役柄の人の演技がうまいと、作品に深みが出るよなぁ、と思う。


 今回はハリーとチョウ・チャンの恋ももう少しだけ進むのだけど、これはストーリー上、意味のあることなのかどうか、少し考えてしまうところ。今のところ、あまり意味はなさそうだが……。ハリー・ポッターを中国でも流行させようという魂胆なのだろうか。どう考えても、ホグワーツに1人だけアジア系がいるのは不自然でしょう。アフリカ系とかヒスパニックとか、全然いないのになぁ。


 ちなみに、クライマックスの映像を見て、「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」の皇帝を思い出してしまった。みなさんはどうでしたか?


 07年12月23日(だったと思う)にDVDをレンタルして観賞しました。

About this Archive

This page is an archive of entries from 2008年1月 listed from newest to oldest.

2008年2月 is the next archive.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01